「早乙女姉妹は漫画のためなら!?」 1巻感想。普通って素晴らしい

この記事は

「早乙女姉妹は漫画のためなら!?」1巻の感想です。

はじめに

山本亮平先生が「ジャンプ+」で連載しているラブコメ漫画「早乙女姉妹は漫画のためなら!?」の1巻が発売されました。
氏の連載3本目となる本作の感想を簡単にですが、書いてみます。
ネタバレは…少しあります。
f:id:nuruta:20181006171539p:plain

普通ってスバラ

「週刊少年ジャンプ」時代は良い印象が無い作家さんでした。
第1作「E-ROBOT」は、ギャグとしてもエロコメとしても中途半端でした。
自称「究極のエロ兵器」アイの言動は、どう見ても全くエロくないんです。
絵からして微塵もエロさがなく、ギャグも彼女のエロに依存してるから全く笑えもしない。
(そもそもエロのどこで笑えばいいのかすら分からない)
第1話読んだ時点でギブアップを決め込んでしまいました。

第2作「ラブラッシュ!」は、女の子からモテまくる遺伝子を持った少年のラブコメディ。
キューピッドなど人間以外の種族の女の子が出てくるんだけれど、際立って、その特殊性をストーリーに反映できていませんでした。
第1話なんかやってることは「E-ROBOT」と全く同じだったりします。
ロボットがキューピッドに置き換わっただけ。
設定を活かしきれてないという印象がただただ残った作品でした。

どちらもノーマルな女の子をメインヒロインに据えてなかったんですよね。
漫画的なフィクションを盛り込んでいて、そこに踊らされていた感じ。
普段着では無くて、着慣れない服を無理矢理着せられてる感があったというか。
きっと普通の女の子とのきゃっきゃうふふをやりたかったんだろうに、「ジャンプ」だからという理由で出来なかったのかもしれない。

そんな邪推をしちゃうくらいには、今作はノリノリな様子が透けて見えた作品でした。
「ラブラッシュ!」で向上していた画力が更に磨かれ、漫画的にも非常に見やすくなってます。
単純な女の子の可愛さもアップし、丸みを帯びた体付きからはエロさが滲み出てます。
ごく普通の世界観で、どこにでもいる弟好きの姉とお兄ちゃんラブな妹と漫画家の主人公3兄妹が織りなすラブコメディを描いている。
「普通って良いなぁ」と改めて感じさせてくれる漫画に仕上がってます。

さて、少し目線を変えてみましょう。
ラブコメ漫画の主人公はどういうタイプが好まれるのでしょうか。
逆に言えば、どういうタイプだと読者に嫌われるのか。

ラブコメ主人公を考える

あくまでも個人的な見解であるということを先に書かせてもらえば、女ったらしが最も嫌われるタイプですね。
とはいえ、これは少年誌に限った話です。
青年誌で言えば、赦される場合もあります。

例えば、「華麗なる食卓」でお馴染みのふなつかずき先生による最新作「すんどめ!!ミルキーウェイ」。
この漫画の主人公・佐倉義武はクズ野郎です。
およそ理性というものを持ち合わせておらず、女性と見るや発情すると襲い掛かる。
常に大人のおもちゃを持ち歩き、息をするように女性に使わせようとする。
本能に忠実すぎるDTサラリーマンですが、困った事に奴はモテるんです。
宇宙人のルネを初めとして、超絶美少女・由井園ちゃんとかを囲い込んでハーレムを形成していきます。
f:id:nuruta:20181005212254j:plain
天真な笑顔を魅せる由井園さん。かわいい。

それなのにラブコメ主人公として嫌いになれないのは、タイトル通りいつも「すんどめ」で終わるところと相応に痛い目を見てるからでしょうか。
あとは、本能に忠実すぎて良い意味で裏が無いところ。
青年漫画のラブコメ主人公が「女性には手を出しません!!」って男よりかはよっぽど好感が持てるんです。

さて。
少年漫画のラブコメ主人公に話を戻しますと、この佐倉タイプはアウトです。
近寄ってくる女の子に次から次へと手を出したら、読者はそっぽを向いてしまうでしょう。
えっちいハプニングにも我慢し、一途に好きな女の子の為に貞操を守る少年。
つまり、「To LOVEる」シリーズのリトタイプが好印象を持たれやすいんじゃないでしょうか。

山本先生もこのタイプの主人公を作り上げようとされていました。
物語開始時点で既に好きな子がいて、他の美少女に言い寄られても、靡くことなく想いを貫く。
そういった一種の男らしさを演出していたのですが、ちょっと男らしすぎた嫌いが。
悪いという訳では無いのですが、速攻で告白イベントを発生させましたからね。
「もっと早く告白出来たんじゃないの?」と思わずにはいられなかった。
「勇気が出せず告白できなかった今まで」に疑問がありました。
この辺「ラブラッシュ!」では告白の切欠を演出していましたけれど、個人的に納得できなかっただけなので、ただの好みの問題ですね。

さて、ここももっとすっきりとしていました。
主人公とWヒロインは血の繋がった兄妹。
「姉だから」「妹だから」で手を出さずに、流されるままにえっちいイベントだけをこなしていく。
彼はちゃんと一線を引いてるので、嫌な印象を持ちようが無い。
誰しもが納得出来ちゃうシンプルな理由だから、ラブコメ面を素直に楽しめるのは良かったです。

終わりに

f:id:nuruta:20181006171233p:plain
購入動機は妹ちゃん。
かわいい。
ギャルっぽい見た目に反して、超ピュアで超お兄ちゃんLOVE
かわいい。

この子がいるだけで読む価値ありですが、もう少し作品に個性が出ると良いな。
本当に普通の王道ラブコメって感じですので。
普通な良さを消さない程度のオリジナリティを期待。

最新情報をチェックしよう!