2020年夏アニメ第1話感想大会

この記事は

2020年夏アニメの第1話感想です。
ネタバレあります。

はじめに

まだまだ世の中明るくないけれど、こんな時こそアニメ見よう。
春から延期された期待のタイトルが出揃った夏。
個人的にはテンションアゲアゲのクールが始まりました。
第1話の感想を書きます。

宇崎ちゃんは遊びたい!

不本意な形で名前が知れた「宇崎ちゃん」がアニメ化。
原作未読ですが、視聴しました。

さて、その注目の第1話でしたが、上手い構成。
「うざい」が代名詞の宇崎ちゃんですが、本当にただただウザいだけだと迷惑なだけ。
彼女が桜井先輩にウザ絡みし始めた動機を端的に見せてくれたので、宇崎ちゃんへの印象を悪くすること無く入れました。

冒頭にこのエピソードがあるかないかでは、やっぱり大分印象も変わったはずです。
もし無かったらば、ひたすらに桜井先輩に感情移入してたところでしょう。
それはそれで作品の楽しみ方としては正解なのでしょうけれど、個人的には宇崎ちゃんに好印象を持って入りたかったので、この構成が大嵌りでした。

彼女、お借りします

「和也が果てしなくダサい」
原作を初めて読んだ時の感想でした。
それでも読み続けられたのは、ヒロインの可愛さ。
絵が圧倒的に可愛かった。

アニメ版はというと、不思議と和也への嫌悪感が薄れてました。
既にストーリーを知っているからなのか。
声優さんの力なのか。
はたまた、慣れたのか。

それはさておき、キャラデザが大事だと勝手に考えていた作品ですが、期待に応えてくれてとっても良いですね。
可愛いです。
完全再現とまでは言いませんが、かなり原作に近しいキャラデザで安心して見ていられました。

原作既読の為ストーリーよりも「声が付いたヒロイン達」の尊さを感じていきたいです。

GREAT PRETENDER

古沢良太さん脚本・フジテレビ・信用詐欺師のお話
ということで、アニメ版コンフィデンスマンJPという感じでした。
エンディングの猫ちゃんが余計に想起させますね。

第1話は、メインキャラの顔合わせ。
だからか、凝ったトリックは無し。
後だしジャンケン的に真実を見せる手法は、古沢さんならではの常とう手段。
一見大掛かりな感じに見せてますが、ちゃんと考えると、冒頭のお婆ちゃんパートは全くもって無駄だからねw
後の展開にこれっぽっちも関係してこないから無くても良いんだけれど、「枝村に騙されたお婆ちゃんなんていなかった」と視聴者に植え付けるには大切な部分。
物語的には不要でも、悪人からしか金を巻き上げない信用詐欺師の話を描く以上は、必要だったのでしょう。

それはそうと、枝村の英語(日本語訳で喋ってる時ね)が酷過ぎて笑う(笑
段々訛りが取れていくのだろうか。要注目でしたw

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld

第3期第4クール。
キャラクターデザインが5人!?
本編を見ても、最早足立さんの絵の影も形も無い感じなので、名前貸しの完全ノータッチなのかもなぁ。
残念。
ただ、作画はどんどん持ち直してきてる感じですね。
3期の第1・2クールはかなり悪かったですけど、第3クールから改善して4クール1話目はかなり良かったです。
バトルシーンは特に力入ってたなぁ。
ようやく作品人気に比例したクオリティに戻った感じ。

本編は…エロとバトル。
前半のリーファの陵辱シーンはけしからんですねw
裸じゃないだろとツッコミを入れつつ、割と直接的な表現にちょい引きました。

バトルは圧巻。
リーファの圧倒的な一撃はスカッとしましたし、ベルクーリ団長の格好良さは異常。
堪能しました。

引きも良いところで終わって、クライマックスに向けてどんどん盛り上がりそうで楽しみです。

1つ懸念というか、残念なのが団長のことでしょうか。
なんだか死んじゃう感じですよね。
嫌だなぁ、好きなキャラの死は。
生き残って欲しいのだけれど、BD・DVDの予告見る限り絶望的だよなぁ。つれぇ。

ド級編隊エグゼロス

dアニメストア限定のHネルギー解放版をご存じですか。
その名の通り、地上波では流せない特別バージョンのこと。
ワクワクしながら配信開始を待ちましたとも。
そして見ましたとも。

あぁ。ガッカリしたさ。ガッカリだよ。

地上波で十分流せるレベルだよ。
表記が大げさすぎるよ。詐欺だよ。もうもう。

閑話休題。
原作は7巻くらいまでは買って読んでました。
あまりにも話が進まなかったので、脱落しちゃったのですけれど、アニメ版は視聴することにしました。

加隈亜衣さんの演技が滅茶苦茶良いですね。
その他はイマイチって感じだったのですが、加隈さんの演技だけを求めて視聴を継続したいと強く想いました。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完

原作が終わっている以上、特典の小説が文庫本で纏められる望みって薄いのよね。
読みたければBDを買うしか無くて、けれど2期までのBDは持ってない。
中途半端に3期だけ買いそろえるのは、いかがなものかと。
じゃあどうするって話じゃないですか。
諦めるのか、否か。

ま、考えるまでも無く予約だよねこんちくしょう。
1期は現在のスタッフでリメイク希望。(そしたら2期までも買い集めるから)

待望の第3期第1話。
クオリティ高っ。
アバンで八幡がマッカン買う際、自販機にコインを入れる瞬間の手の作画が細かすぎて震えた。
芝居が芸細で素晴らしすぎる。
OPの合同プロムも最高でした。
振りが可愛すぎて、何度も見直しました。

本編は、小町祭り。
小町可愛いなぁ。
悠木碧さんの声、ホント好き。メッチャ合ってる。
お昼は家で食べようと言いつつ、ガッツリと夕方まで遊んじゃう小町可愛い。
(結局昼抜きだったのだろうかw)

最後の1クール。最後まで目一杯楽しませていただきます。

Re:ゼロから始める異世界生活

第1期はリアタイしてませんでした。
3年前から原作を読み始めて、その後dアニメストアで1期を全話視聴して、そして2期からはリアタイ参加です。

長くて険しい第4章を2クールでアニメ化。
今までになくたっぷりと尺を使ってくれているので、カットは殆どなく再現してくれような予感です。

それにしても1話(26話)から相当重いですね。
レグルスのゲス野郎とライのクソ野郎は絶対に許さない。
ある意味死よりも最悪な状況にレムを陥れやがって。

絶望感たっぷりの導入ですが、うん。
まだまだまだまだまだまだ軽い方なんですよね。
この後、ドン引きするくらい絶望的な状況にずぶずぶと嵌り込んでいくスバル。
正直後半クールは間隔を空けずに入ってくれないと胃が持たない気がしますが、残念なことに3か月待たないとなりません。
知っていて尚それなので、胃が弱い人は覚悟が必要ですw

終わりに

 

最新情報をチェックしよう!